キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

アメリカでもまたレイプ事件が起き、その刑の軽さが問題視

ニュース

アメリカでもまたレイプ事件が起き、その刑の軽さが問題視
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

【AFP=時事】大学のキャンパス内で、女性に性的暴行を加えたとして禁錮6月の有罪判決を言い渡されて服役していたスタンフォード大学(Stanford University)の元学生が2日、態度が模範的だったとしてわずか3か月で釈放された。この事件をめぐっては、量刑が軽過ぎるとして全米で怒りの声が上がっていた。

 同大学の水泳チームに所属していたブロック・ターナー(Brock Turner)元受刑者(21)はカリフォルニア州のサンタクララ(Santa Clara)郡の刑務所から出所する様子をテレビの報道番組のカメラに捉えられたが、何も語らずに車で走り去った。

 ターナー元受刑者は3月、屋外にあった大型のごみ容器の裏で、酩酊状態で意識を失っていた22歳の女性を暴行したとして、性的暴行の罪で有罪判決を受けた。

 検察側は禁錮6年を求刑していたが、事件を担当したアーロン・パースキー(Aaron Persky)判事は今年6月の裁判で、わずか禁錮刑6月と3年間の保護観察処分の判決を下し、非難の嵐を巻き起こしていた。自身もスタンフォード大学出身であるパースキー判事に対しては、辞職を求める運動が起きている。

 今回の事件は、米国の大学で起きるレイプの問題を浮き彫りにさせ、こうした事件への対処は生ぬるく、刑事罰を免れる風潮が生まれているとする批判の声が上がっている。

 被害者の女性は事件当時、スウェーデンからの留学生によって救い出された。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

つい先日も日本で話題になりました。芸能人による女性への性的暴行の事件。日本の事件については、どの程度の刑が言い渡されるのか注目ですが、アメリカのスタンフォード大で起きたレイプ事件の被告に対する刑が軽すぎると話題になっています。被害者やその家族にしてみれば、耐えがたい事だと思います。性的な暴力だけに限らず、言葉の暴力なども含めもっと厳しい刑罰が求められるべきではないかと思います。

高畑祐太被告の事件でも新たな展開が・・

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法